転職する人たちにはそれぞれ理由がありますが、そのベスト3選

自分のやりたい仕事は別にある

学生から社会人としてスタートして最初に考えるのが、目の前の仕事が果たして自分のやりたい仕事なのかという悩みです。学生時代は知識ばかりの毎日でしたから頭でっかちになっています。会社勤めをはじめた一年生は、単純な作業の繰り返しの毎日ですから、脳を使うということはありません。誰でもできるようなことばかりをしていると、これが自分の仕事とは思えなくなり、他に自分がやりたいことはあるのではないか、または自分の能力を生かす仕事は他にあると思え、転職を考えるようになります。

給料が安い、もっと高額の会社に変わりたい

学生時代の就職戦線時には、何とか早く内定をもらいたいと思うものです。活動当初は労働条件をホームページや会社案内で比較して、給料や休日など、条件の良い会社に絞って応募するのですが、中々良い返事をもらえないと焦ってきます。そうすると、条件を下げて応募するようになります。運よく内定をもらい、入社して学生時代の仲間と会えば給料の話となり、なぜ自分の会社は給料は低いのだ、休みも希望通りはとれないということが重なって転職を考えるようになります。

入社時の夢と現実のギャップに失望

新入社員が転職を考えるのは、三か月、三年と言われています。三か月間は、試用期間ということで正式な社員ではありません。採用にはなりましたが、まだ日給月給の賃金体系で不安定な存在ですから緊張感があります。知らないこと、覚えなければならないこと、人間関係にも気を遣う毎日ですが、二か月を過ぎるころから少し余裕が生まれてきます。三か月目ともなれば、会社全体が見えてきます。入社当時の夢と希望が大きければ大きい人ほど、ギャップを感じてしまい転職を考えるようになります。

営業の転職サイトは非公開求人など登録することで得られる情報も多いので、有効に活用してみると良いといえます。