子供に関わる仕事!!保育士免許の取り方とは!?

保育士免許の取り方とは!?

最近では子供を保育園に預けて働く共働きの家が増加し、保育士の需要も年々増加していますよね。可愛い子供に関わることができる保育士は女性だけでなく、最近では男性からも注目を集めています。そんな人気の保育士免許はどのように取得できるのかご存知ですか。保育士免許の取得方法はいくつか方法があります。自分の生活スタイルに合わせて保育士免許の取得に励めると良いですね。この記事では、保育士免許の取得方法について紹介します。

保育士養成課程を修了して取得する!!

保育士免許の取得方法の一つ目は「保育士養成課程を修了する」ことです。厚生労働大臣の指定する「指定保育士養成施設」に通い、所定の単位を取得後、施設を卒業すれば保育士資格を取得することができます。指定保育士養成施設は全国に多数あり、4年制の大学から、短大、専門学校ななどがあります。保育士に興味があれば、自分の行きたい施設について研究し、入学することで保育士になるために必要な知識やスキルを学ぶことができますよ。

保育士試験に合格して取得する!!

社会人になってから、保育士免許を取得したいと思った方もいると思います。そんな方が保育士免許を取得するために利用できる方法が「保育士試験に合格する」ことです。保育士試験は毎年一回都道府県知事の実施する試験です。受験資格があり「学部、学科に関係なく大学に2年以上在学かつ62単位以上習得済」の方や「都道府県知事から受験資格を認定された人」など様々な要件のうちの一つにあてはまれば受験することができますよ。

保育園での求人は保育士の資格があれば応募ができます。初心者や未経験からでも研修を受けながら働けます。