適した技法がある!見た目にも華やかで美味しい介護食にトライしよう!!

美味しくないものを食べさせる必要がどこにあるのか

介護施設や老人ホームでだされる介護食は、食材を細かく刻んだ、刻み食やフードプロセッサーやミキサーにかけてとろみ剤をいれた流動食がほとんどで、このような介護食を提供してる病院や介護施設は現状、多数存在します。フードプロセッサーなど確かに、介護食をつくるうえでは便利な道具ですが、使い方を間違ってはいけません。健康な人が食べる水炊きをつくり、それを単にフードプロセッサーにかけるというような具合では見た目からしても食欲がわきませんよね。美味しくない水炊きを食べさせる必要がどこにあるのでしょうか。施設運営と在宅介護は違うのですから、新しい介護食にチャレンジしてみましょう。

介護食に向いているある料理の技法

介護現場にいる人たちは特に無理やりにでも介護食にしようとしている雰囲気があるものです。また、在宅介護をする場合、家族は経験がないですから、施設などで出されているものが介護食なんだと信じて調理をすることになります。これでは、身体がよわっている高齢者は、まずます食事をするのが嫌になり、免疫力や体力が低下してしまうでしょう。そこで取り入れたいのがフランス料理です。フランス料理の技法というのは介護食にとても向いているのですよ。

これからの介護食を実現しよう

食材がいかにしっくりと混ぜ合わせられるかが評価されるフランス料理は、裏ごしをしたり、すりつぶしたりは日常茶飯事です。ムースなどの口どけの良い料理もたくさんありますよね。これらのフランス料理の技法は、飲みこみやすく食べやすい食べ物をつくることを目的としている介護食にそのまま応用できるでしょう。また、科学的に証明されている効能をもつ食材をつかうことで、健康に、そしてアンチエイジングにもなる介護食をつくることができ、おいしく元気になれる、目にも美しい介護食が実現できるでしょう。

介護の求人にある小規模多機能住宅ですが、これは泊まりと通いと訪問とが一緒になった、地域に密着したサービスです。