飲食店には不可欠となっているアルバイト従業員

アルバイト従業員でもっている飲食店

飲食店はアルバイトでもっている、と言ってしまっても過言ではないでしょう。もちろん、料理を作っている人の大半はプロの料理人なのですが、お弁当屋さんなどでは、アルバイトの人が調理を行っている、というところもあります。これがウエイターやウエイトレスともなれば、ほぼ100パーセント、アルバイトで賄っていると言ってもいいでしょう。特に、食事の場を提供している飲食店の場合には、とにかく接客のための人手が必要となるので、アルバイト従業員はまさになくてはならない存在なのです。

外国人のアルバイト従業員を雇っている店も

大型店舗である居酒屋やレストラン、カフェテラスなどは、お客の収容数が多いために、その接客に要する従業員の数が必要となりますから、アルバイト従業員で賄っているという場合がほとんどです。中には、セルフサービス方式を導入して、接客に要する従業員数を減らせるようにしている、というところもありますが、やはり接客に要する従業員数を確保するためには、アルバイト要員が不可欠なのです。こうした店舗の中には、外国人のアルバイト従業員を雇っている、というところもあります。

アルバイトから正社員、店長になる人も

このように、多くの飲食店ではアルバイトの従業員はなくてはならないもの、となっているわけです。またその一方で、店でのアルバイト経験を積んで、正社員となり、やがては店長にもなった、という人たちも少なくありません。接客を伴う仕事では、現場での実務経験で仕事を覚えて行く(OJT)、といった要素がありますから、これはある意味では、飲食業界での正統的なキャリアパスと言うこともできるのです。こうした人たちの中には、そのようにしてアルバイトから店長になり、やがて独立して、自分のレストランチェーンを興したという人もいるわけです。

福岡市での飲食店の求人は件数が多いという特徴があります。そのために、自分の希望を叶えられますので、張り合いを持って働けます。